We are the north west

WE ARE THE NORTH WEST

トレイルブレイザーズファンブログ

WE ARE THE NORTH WEST

#4【今週のブレイザーズ】week8 /WAS/HOU

13勝10敗で迎えたweek9(12月第1週)に行われた試合の感想。日付は現地。日本だと次の日。
#数字は何試合目かを表しています。


 #24 12月5日(火) vs ワシントン・ウィザーズ

https://pbs.twimg.com/media/DQVqcXiU8AA4n3x.jpg:largeby/Trail Blazers Twitter

Q1 Q2 Q3 Q4 END
WAS 24 27 28 27 106
POR 22 15 29 26 92
感想

  • Real Deal Put On A Show
先日のクラッチタイムでのノーショーからの再戦で、21/37(56.8%)51得点。間違いなくキャリアベストゲーム。ウィザーズのシューティングエースのまさに独壇場となりました。今年はオールスターへ駆け上がり、新しいステージに向かっているブラッドリー・ビール。ワシントンでの借りをポートランドで晴らしました。
  • CJ、ブレーキ
vs MIL 7/20 (35%)
vs NOP 8/22 (36.4%)
vs WAS 6/16 (37.5%)
この3連敗全てでFG%が40%を下回っているC.J マッカラム。勝利したニックス戦でも4Qのスコアレスの原因はC.Jにありました。最も得意なプルアップシュートが入らず、フリースローをもらえる攻撃スタイルでもないのでC.JのFG%低下はチームの得点力不足に繋がるというわけです。勝利 FG50%・敗北 38.6%と勝敗のFG%差が一番大きいです。(フィラデルフィアの1/14が無くても41%)が、しかし彼はプロフェッショナルスコアラーであり今まで過去幾度となくこういった困難を跳ね除けてきた選手です。彼の復調と共にチームも必ず上がってくるでしょう。3を打てるスペースを多く作ってほしいと願うばかりです。
  • 3連敗、ヌルキッチダウン
ヌルフィーバーの夢を目覚めることなく見ていたい、そんな気分でしたが叩き起こされてしまったようです。今シーズン初の3連敗。そして次はロケッツ・ウォリアーズと続きます。ウィザーズに負け13-11次2戦を終えると.500になっている、と思えてくる絶望の敗戦。
2Qで15点しか取れませんでしたが、ヌルキッチは2Qに0/4、全てペイントエリア内でのシュートです。ヌル-リラのピック&ロールはブレイザーズの得点源であり相手にとっても嫌な攻撃でしょう。が、ヌルキッチのフィニッシュには疑問が残り、センターとしてはかなり低いFG%(45.5%)を上げてほしいですが残念なことに4Qに足首を痛め交代しました。
ロードで4-1と良い流れでホーム4連戦にきただけに、この3連敗は辛い......

 #25 12月9日(土) vs ヒューストン・ロケッツ

https://scontent-nrt1-1.cdninstagram.com/t51.2885-15/e35/24845760_387107788401057_7879011496129200128_n.jpgby/trailblazers instagram

Q1 Q2 Q3 Q4 END
HOU 31 31 22 40 124
POR 37 25 36 19 117
感想

  • let's cooking time
今シーズンMVP候補筆頭、ジェームズ・ハーデン。48得点。誰も彼を止められません。
アタックされたら最後、ファウルでしか彼を止めることができず9本のフリースローを含め前半だけで28点。カペラへの美しいアリウープも決め、「すげぇ......」しか出てきませんでした。2年前のロケッツが41-41だったと考えると核となる選手は一緒でも、マイク・ダントーニの活かし方によるものだなとつくづく思います。カズンズも恵まれてればなぁ。
  • BIG GAME DAME
何時ぞやのウォリアーズ戦での暴れっぷりが印象に残ってるんですが、デイムは「強い相手に強い選手」と僕は勝手に思ってます。だから次のウォリアーズ戦でカリーがいないのが残念。
この試合でも深い位置からの3をガンガン撃ち、そして入りました(9/16 56.3%)。このショットの選択肢を「poor shot」なんて呼ばれたりもするんですが......キャリアに並ぶ9本の3を決めたにもかかわらず負けた、というのはショックがでかい。

チームはロケッツのお株を奪う合計18本の3を決めました。(リラードとアミヌで14本)。Q3終了直前にコリンズのチップが入り14点差を付け内心「いける!」と思った矢先、ハーデンのショーがQ4で最高潮に達し、簡単にカムバックコンプリート。Q4のスコアは何とも悲惨。プレーオフファイナルを見据えるチームとの格の違い、というものは否めません。
  • take it easy
ホームで4連敗はショック。けれどロードで気分を変えよう。忘れよう。まだまだシーズンは若い。82試合走り切るまでストーリーは続くのです。どこのチームも、いいときもありゃ、悪い時もあるそんな繰り返しですよいつも。

week10、11で8試合。日程は一番キツいところですが、ヌルキッチ不在がどう響くか。マイヤーズではゴール下での防衛を望めないので、もしかしてザック・コリンズ、あるかも?

twitter.com まだまだ粗削りなプレイが多いですがヌルキッチ不在の今が最大のチャンス!

#26 12月11日(月) vs @ゴールデンステイト・ウォリアーズ
得点よりも、デュラントを抑えることが絶対条件。チーフ、主役になってくれ。

#27 12月13日(水) vs @マイアミ・ヒート
ホワイトサイドが不在。リバウンドを制しゲームをコントロールしたい。リラードが昨年49得点。

#28 12月15日(金) vs @オーランド・マジック
クレープ・フォーニエと再び相対するだけにCJの爆発に期待。

#29 12月16日(土) vs @シャーロット・ホーネッツ戦
イースタンで13位と苦戦しているチームだけに、確実に勝っておきたい。